化粧品 保湿成分

スキンケア用品の保湿成分

スキンケア用品の保湿成分にはいろいろありますが、代表的なのがセラミドですね。セラミドは他の保湿成分よりも保湿効果が高いので人気です。セラミドは角質細胞間脂質の4割ほどを占めています。セラミドがあれば、湿度が下がってもお肌の水分をしっかりとキープしてくれます。

 

セラミド配合の化粧品「セラクレア」に関する情報はこちら
セラクレアのトライアルセットの販売店
セラクレアのトライアルセット/セラミド配合の化粧品

 

セラミド以外にもスフィンゴ脂質と呼ばれる角質細胞間脂質があります。また、大豆から抽出されるレシチンも保湿効果が高い保湿成分です。

 

他にもステアリン酸コレステロールも角質細胞間脂質としてお肌の水分をキープしてくれます。

水分含有力がある保湿成分

先ほど紹介した保湿成分は水を角質細胞の間にサンドイッチ状に挟みこむものですが、それ自身が水分を含む成分もあります。それがあの有名なヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンです。

 

ヒアルロン酸は真皮にあるゼリー状の物質で、水分を沢山含むことが出来ます。

 

コラーゲン入りの化粧品を肌の表面に塗ることで保湿成分として働きますが、真皮までは浸透しません。洗い流せば終わりです。

 

エラスチンは真皮の繊維成分ですが、保湿力があります。

さらっとした使用感がほしい場合

さらっとした使用感がほしい場合は、天然保湿因子(NMF)配合の化粧品を選ぶのが良いでしょう。天然保湿因子(NMF)としては、アミノ酸、尿素、PCAなどがあります。ただ、空気中の温度が下がると保湿効果が低下するので冬のお肌の保湿にはちょっと問題があります。



冬の乾燥肌対策はどうしていますか?食事で栄養補給の工夫していますか?それとも乾燥対策の化粧品(化粧水、ハンドクリーム、美容液など)で保湿成分を補っていますか?最近、保湿成分のセラミドが配合された化粧品が口コミで話題になっていますね。セラミドとは?なんて思っている人もいるかもしれませんが。セラミドは美容液や保湿クリーム、化粧水などに配合され販売店で販売されています。セラミドの食品、例えばゼリーまで販売されています。セラミドの効果はヒアルロン酸やコラーゲンよりも高いといわれていますね。セラミドにはいろいろな種類があって構造別にセラミド1、セラミド3、セラミド6あたりが乾燥肌に関係しています。また、天然セラミドやヒト型セラミド、擬似セラミドなどの区分もあります。無添加の材料を使ったり米を原料(米セラミド)にしたり、こんにゃく、馬セラミドなどいろいろな原料からセラミドは作られます。最近ではナノセラミド・ヒト型ナノセラミドなどもあります。NHKきれいの魔法で吉木伸子先生がセラミドの効果を宣伝して知名度もだいぶアップしてきました。セラミドの評判を受けて、DHCや小林製薬、富士フィルム、花王、資生堂もセラミド配合の化粧品をしています。セラミド入り化粧品は大人気です。化粧品だけではなく、食品(食べ物)やサプリ(サプリメント)など、肌の乾燥に悩んでいるヒト向けの商品がいろいろ販売されていますね。セラミド入り美容液などを購入した人も多いのではないでしょうか。

| 日本美容外科学会yahoo|google|美容、メイク - Yahoo!カテゴリ|

化粧品の保湿成分関連エントリー

化粧品の保湿成分
乾燥肌対策の化粧品の口コミ情報!肌の乾燥の改善は保湿成分配合の化粧水で解消します。