乾燥肌対策 化粧水

乾燥肌のトラブル

乾燥肌のトラブルはいろいろあります。
カサツキやツッパリ感、化粧ののりの悪さが乾燥肌の特徴といえます。
そして入浴や飲酒によって体が温まるとかゆみが出てきます。
症状が進むと、ハタケのように皮がむけたり、皮膚を引っかいた跡が白くなったりします。
そして小じわがヒビやアカギレの元になったりします。

乾燥肌で肌がゴワゴワ

肌が乾燥すると肌が硬くなります。
顔の皮膚が硬くなるとシワっぽく見えるものです。
肌が硬くなると化粧水もお肌に入りにくくなります。
肌が硬くなるのは、角質層が厚くなったからです。
肌が乾燥して角質のバリア機能が低下すると、肌を守ろうとして角質層を厚くしようとします。急いで角質層を厚くしようとするため、角質の細胞が未熟なまま出来てしまいます。
その結果、肌が厚く硬くなります。



冬の乾燥肌対策はどうしていますか?食事で栄養補給の工夫していますか?それとも乾燥対策の化粧品(化粧水、ハンドクリーム、美容液など)で保湿成分を補っていますか?最近、保湿成分のセラミドが配合された化粧品が口コミで話題になっていますね。セラミドとは?なんて思っている人もいるかもしれませんが。セラミドは美容液や保湿クリーム、化粧水などに配合され販売店で販売されています。セラミドの食品、例えばゼリーまで販売されています。セラミドの効果はヒアルロン酸やコラーゲンよりも高いといわれていますね。セラミドにはいろいろな種類があって構造別にセラミド1、セラミド3、セラミド6あたりが乾燥肌に関係しています。また、天然セラミドやヒト型セラミド、擬似セラミドなどの区分もあります。無添加の材料を使ったり米を原料(米セラミド)にしたり、こんにゃく、馬セラミドなどいろいろな原料からセラミドは作られます。最近ではナノセラミド・ヒト型ナノセラミドなどもあります。NHKきれいの魔法で吉木伸子先生がセラミドの効果を宣伝して知名度もだいぶアップしてきました。セラミドの評判を受けて、DHCや小林製薬、富士フィルム、花王、資生堂もセラミド配合の化粧品をしています。セラミド入り化粧品は大人気です。化粧品だけではなく、食品(食べ物)やサプリ(サプリメント)など、肌の乾燥に悩んでいるヒト向けの商品がいろいろ販売されていますね。セラミド入り美容液などを購入した人も多いのではないでしょうか。

| 日本美容外科学会yahoo|google|美容、メイク - Yahoo!カテゴリ|

乾燥肌のトラブルエントリー一覧

肌のトラブル防止にコットンを使わない化粧を!
乾燥肌のトラブル
お肌が乾燥すると様々なトラブルが起こります。洗顔後の顔のツッパリお肌のカサカサメイクののりの悪さ目の周りや口の周りの細かなシワかゆみ湿疹このような事にならないように毎日のスキンケアが大切です。最近はオフィスの冷暖房がきついので、夏でも冬でもお肌は乾燥しやすい環境にあります。しっかりと保湿成分を補って、お肌の乾燥対策をすることが大切です。昔は、化粧水をタップリと塗ってお水をお肌に与え、クリームでその水分を閉じ込めることが、お肌の乾燥対策だと考えられていました。でも、今では効果がないことが分かってい...